貞観園の歴史

歴史

年号(西暦) できごと
寛治年間(1090年頃) 信濃源氏から発祥したといわれます。
延宝元年(1673年) 善右衛門正信が東頸城郡松之山町(現 十日町)の地を弟の庄左衛門正高に譲り、岡野町に移住しました。
天明4年(1784年) 貞観堂建設
五代当主 村山林之助正朝翁の時、三島郡出雲崎の山崎文七棟梁により改築されました。
天保14年(1843年) 園名の選定
大正10年(1922年) 防火の必要上、在来のかやぶきを瓦葺に改修し、付属の建物も約半分に縮小・補修を行いました。
昭和6年(1931年) 園の公開
昭和11年(1936年) 文部省調査
昭和12年(1937年) 「史蹟名勝天然記念物保存法」により名勝第一類に指定
昭和14年(1939年) 国宝の指定(薬師瑠璃光如来)
昭和15年5月15日(1940年) 財団法人 貞観園保存会 設立許可
平成17年~平成20年 貞観堂修復工事
平成21年6月12日 一般観覧を再開

歴代当主

初代  善右衛門正信
二代  三左衛門正直
三代  藤右衛門正頼
四代  藤右衛門
五代  林之助正朝(林右衛門)
六代  藤吉衛門正宣
七代  信右衛門正親
八代  藤吉衛門正茂(亀石)
九代  藤右衛門正範(哲斎)
十代  吉治正純(抱月)
十一代 亀一郎正紀(騏嶺)
十二代     長吉朗
十三代 現在の当主